イギリスロンドンの情報サイトFACT Magazine に

TOP PAGEで紹介されておりま〜す!!スゴっ!!

ガチでWORLD WIDEな動きをしておりますね〜〜。

先週はオバマ大統領関連情報が

TOP PAGEだったみたいです。

今週のトップを飾るのは、
イギリスを中心にヨーロッパで話題の僧、
熊本在住のミュージシャン僧侶、TA2MI。

TA2MI特集レビュー!
コチラをCHECKしてみてください!!

インタビューの内容は、下の和訳にて。

- Can you remember when you first felt the urge to make music?
あなたが初めて音楽を作る衝動を感じたのは
いつか覚えてますか?

Since I was in the womb, my mother used to hold speakers up against
her stomach so that I could hear music. Because my mother was working
for Yamaha, my experience of music was chosen with a certain care when
I was young – for example listening to classical music and learning to
play an electric organ. So from that time I could play whatever melody
popped into my head, or make my own arrangement of classical music,
and that gave me a playful understanding of making music.

Then from the third year of elementary school (age 9/10), I started
seeing hip-hop music on TV and began listening to club music after
that. That experience had a big impact on me wanting to make music,
and also the way that I do it. When I make a track, I don’t decide the
style beforehand. It’s more that when I’m making the track on my
computer, I try to compose something that reflects an image and enjoy
how the music comes into my mind. There are many styles for making
tracks, and so rather than just deciding on one genre, I want to make
whatever comes to me, all genres.

お腹にいた頃から、母親がスピーカーをお腹に当てて音楽を聴かせてたみたいです。
物心ついた時の幼い頃には、母親がYAMAHAで働いていた為、
幼少期からエロクトーンを習いクラシックを聴いて育ちました。
その時から自分の頭の浮かんだメロディーを弾いたり、
クラシックを自分でアレンジしたり、作曲みたいな事を遊び感覚でしていました。
それから小学校3年生の時に、brack music とhiphopをTVで見てから
クラブミュージックを聴くようになりました。
曲を作る大きな影響は、この経験が大きく関係してると思います。
曲を製作する時にスタイルは決めてません。
昔、イメージした曲をパソコンで作曲する、頭に浮かんだ曲を製作する、
遊びで作曲したら曲が出来てた、、、
など曲を作るスタイルは様々です。
一つ決めている事はジャンル何でも作りたい。オールジャンル!!!


- At what age did you become a monk?
あなたは何歳で僧侶になったのですか?
I became a monk at the age of 15. I also started DJing from the age of 15.
15歳で僧侶になりました。DJも15歳から始めました。

Have your temple been supportive of you making / performing music?
あなたの寺院では、音楽の演奏/音楽を作る事を支持されていますか?

I am definitely supported. People sometimes say I am a monk and a
musician. But in my own temple, there aren’t many musical events. For
example, listening to J-pop and club music is popular with people who
are 20-30 years old. Listening to J-pop or The Beatles or Western
music is more popular with people who are 40-50. For people who are
60, 70 or 80, they listen to Japanese  folk music or Buddhist music or
classical music and so sometimes we have classical or folk song
concerts at the temple because of the age of most of the people who
come there.

支持されてます。ミュージシャンお坊さんと時々言われます。
自分の寺院では、音楽行事はあまりしませんけど、、、
例えば20〜30歳はクラブミュージックやjapanesePOPを聴く人が多い。
40〜50歳はjapanesePOPやビートルズなど[洋曲]を 聴く人が多い。
60〜70〜80歳は、日本民謡、仏教音楽、クラシックを聴く人が多いので時々、
クラシックコンサートや民謡歌手を呼んで演奏会を寺院で行います。


- In the KanZeOn film we see you beatboxing in the forest, on the
mountain etc - is this making music with nature something that you dovery often?

映画kanzeonの中で我々はあなたが山や、
森の中でビートボックスをしているのを見ました。
あなたは頻繁に自然の中で、音楽を作るのですか?

I am not thinking about it every day when I am creating music, but
when I get inspiration or an idea from being in nature then I will
make something. When I want a more natural mood, I will go to be in
nature to do some production, when I want to do production in the
studio I’ll go to the studio, when I want to go to my house or my
friend’s house, then I’ll go there to make music.
特に毎日、自然の中で音楽製作をするとは考えていません。
しかしインスピレーションやアイディアが出来たら自然の中でも音楽製作します。
気分が自然に行きたい時は自然の中で製作に行きますし、スタジオで製作したい時はスタジオに行きますし、私の家や友達の家で製作したい時は家でも製作します。


Neil tells me you are involved with skating, DJing etc in the city of
Kumamoto – how often have you been able to get away from the temple to
be involved with these things?
ニールがあなたが熊本でスケーターやDJにかかわってると教えてくれました。
どのくらいの頻度であなたは寺院から離れて、
これらのことに関与することが出来たのですか?

Yes, I am involved with street culture in Kumamoto, especially
skating. I have been asked to make tracks for various skate shops or
teams, or fashion shops or free magazines. I am a monk in the temple
from morning til night, but then I use the free time at night for
musical activities. But then I have to be back at the temple in timeto start early in the morning.

ニールの言う通り、
私はスケーター{特に熊本のストリートの文化}と関わりがあります。
なぜなら私は、スケートーチームやスケートショップ、ファッションのショップ、
free magainなどのCM音楽やその人達の曲を頼まれて作ったりしています。





朝から夜までは僧侶として寺院にいて、
夜から時間が空いたら寺院を離れ音楽活動に時間を使ってました。
でも次の日の朝の寺院での始まりまでには、
ちゃんと寺院に帰ってきてました。

- How many tracks have you made now as a producer?
あなたはプロデューサーとしてどれくらいのトラックを作ったのですか?

I don’t know, because I am making new tracks all the time!
常に新しい曲が出来ています。
オールジャンルで音でイメージ出来る曲を多く作っています。


- Why did you not think of releasing the tracks to the wider world before now?
なぜあなたはこれまでに、広い世界にトラックをリリースするとは
思わなかったのですか?
I had wanted to release the music before, and even though there was no
shame when people listened to it, it is only now that I feel like my
level of skill went up enough to want everyone around the world tohear it.

曲をリリースしたいと思ったのは、人に聴かせても恥ずかしくない、
今まで製作した曲はスキルがなく、やっと自分の作曲レベルが上がった、
と思ったから。
世界のいろんな人々にTA2MI MUSICを聴かせたくなった。


- What do you hope listeners to get from listening to your tracks?
あなたはリスナーがあなたのトラックを聴いてからリスナーに何を期待しますか?

First of all, I want you to hear it in your ear, and then hear it in
your head and your heart and try to imagine the image of the music. I
want you to feel like you can almost watch the music. Most of all, I
want people around the world to take some comfort from the music andto enjoy it.

まずは、耳で聴いてほしい。そして心や頭で感じて欲しい。
さらにはTA2MIMUSICでイメージ、想像してほしい。
最後はTA2MIの音楽を{観える}ように感じてほしい。
世界の人々がTA2MI MUSICで、癒され、楽しく、過ごす事が一番嬉しい。


以下TA2MI文
早ければ5月か6月に、FACT Magazineから60分前後のMIXを解放します
アップされたら情報を載せますのでよろしくお願いします。

との事でありま〜す。

今後のTA2MI氏の動きに乞うご期待!!